カギ110番川口市トップページ > 鍵が抜けなくなる原因と対処法とは?

カギ110番川口市トップページ > 鍵が抜けなくなる原因と対処法とは?

「鍵が抜けない!」その原因と対処法とは?

鍵を長年使用していると「鍵が抜けない」「鍵を解錠するときに違和感がある」といった症状がでてきます。そんなときに無理に引っ張ったり、回したりすると、鍵が折れる、鍵穴が壊れるといった新たなトラブルを引き起こすこともあります。

そこで、今回は鍵が抜けなくなる場面を紹介し、その対処法をお伝えします。また、鍵を解錠するときにでる違和感の原因や、鍵穴のお手入れ方法もご紹介します。

鍵が抜けなくなる原因とは?

お客様の玄関でお客様に会うスタッフ

まず、どんな原因で鍵が抜けなくなるのかをご紹介しましょう。

① 鍵穴にゴミが詰まっている
鍵穴にホコリや砂が入ってしまうと、かみ合わせが悪くなり鍵が抜けなくなってしまうのです。特に構造が複雑なディンプルキーは鍵穴に異物が溜まりやすく不具合も起きやすいです。玄関の鍵穴は雨風にさらされているため、砂やほこりが溜まりやすい場所なので特に注意が必要です。

② 鍵にゴミが付着している
鍵は、ポケットやカバンに入れて持ち歩かれることが多く、衣服の繊維やカバン内のゴミなどが鍵に付着することがあります。でこぼこしている鍵の間にはゴミが入りやすく、鍵穴に入り込んでしまい「鍵が抜けない」という事態が発生するのです。

③ 鍵穴の潤滑剤が少なくなっている
もととも鍵穴には鍵の解錠をスムーズに行うための潤滑油が塗られています。しかし、使用しているうちに減少して滑りが悪くなってしまうのです。滑りが悪いということは、摩擦が増えるので鍵に負担をかけてしまい「鍵が抜けない」という現象につながります。

④ 鍵穴が故障している
「鍵が抜けない」「動かない」ということは、鍵と鍵穴がうまくかみ合っていない可能性があります。鍵穴内部の部品が故障していることも考えられるでしょう。

⑤ 鍵が変形している
鍵穴自体の故障も考えられますが、鍵が変形していて鍵が抜けなくなる場合もあります。
いくら硬い金属の鍵でも、ぶつけてしまったり、強い力がかかったりすると変形してしまいます。また、毎日使用していると摩擦で擦り減ってくるので不具合が起こるのです。

⑥ 合鍵の作りが悪くて傷をつけている
合鍵を作製して使用している方も多いでしょう。しかし、その合鍵の作りが悪いと鍵穴を傷つけていることがあります。傷がつくと鍵と鍵穴の動きも悪くなり、最悪の場合抜けない事態となるのです。

⑦ 違う鍵を差し込んでいる
あせっていると、違う鍵を間違って差し込んでしまう可能性があります。また、マンションやアパートでは、違う部屋に自分の部屋の鍵を差し込んでしまい、「鍵が抜けない」ということが発生することもあります。これらは、鍵の差し間違いからくるものです。

鍵が抜けない場合の対処法と注意点

笑顔の女性スタッフ

鍵が抜けない場合の対処法と注意点をまとめてご紹介します。

対処法①【少しずつ鍵を動かす】
まずは、少しずつ鍵を動かしてみましょう。ゴミがひっかかっている場合、少しずつ動かすことで改善されることがあります。軽く引っ張りながら左右に回したり、軽く上下に小刻みに動かしたりと一度ためしてみましょう。ただし、強い力をかけるのは禁止です。鍵穴の部品が破損することもあるので、あくまでもやさしく動かしてください。

対処法②【鍵穴を掃除する】
鍵穴にゴミが詰まっていたり、鍵にゴミが付着していたりする場合、そのゴミをキレイに取り除くことで鍵は抜けます。鍵と鍵穴の間に掃除機などを当てて吸い取りましょう。掃除機では大きすぎてうまくできないときは、エアダスターや自転車の空気入れを使用するとよいでしょう。ゴミを一気に吹き飛ばすことができます。

対処法③【業者に依頼する】
対処法①②でも改善されない場合は、業者に依頼しましょう。プロの業者であれば、分解洗浄や潤滑油の補充などにも対応してくれます。

【注意点】
鍵が抜けない!と焦って無理やり引き抜くことは絶対にしないでください。鍵が折れる危険性があります。無事に抜けたとしても鍵穴を傷つけてしまい、開錠がスムーズにできなくなります。無理に鍵を抜かず、まずは対処法をためしてみましょう。それでも改善されない場合は、業者に依頼して対応してもらうことをおすすめします。

解錠時に違和感がある場合の対処法と注意点

現場の家に到着するスタッフ

鍵を開閉する際「なんだか変だな」と感じたときは、下記の方法をためしてみましょう。

対処法①【鉛筆の芯を鍵穴に塗る】
芯に含まれている黒鉛が鍵の動きをスムーズにする役割をもっており、鍵の抜き差しするときの不調が改善するかもしれません。特にBや2Bなどといった濃いめの鉛筆の方が黒鉛の量が多いのでおすすめです。

対処法②【鍵穴専用の潤滑剤を鍵穴に差す】
鉛筆の芯と同じ役割を果たすのが、鍵穴専用の潤滑剤です。鉛筆の芯は、あくまでも代用品です。しっかりメンテナンスを行う場合は、鍵穴専用の潤滑剤を使用しましょう。さまざまな商品が販売されており、ネットやホームセンターでも購入できます。ただ、お使いの鍵メーカー専用の方が安心して使用できるでしょう。

注意点①【針金やつまようじで鍵穴をいじらない】
鍵穴のゴミを、針金やつまようじなどで取り除くのは危険です。鍵穴を傷つけることもあり、鍵穴内部でつまようじが折れることも考えられます。そうなれば、鍵交換などが必要になり、余分な費用がかかる恐れがあるので注意しましょう。

注意点②【鍵穴専用以外の潤滑剤を使用する】
鍵穴専用の潤滑剤がないからといって、他に使用する潤滑剤や食用油を使用するのは禁止です。他の潤滑剤には油が含まれており、中のゴミが固まるため事態を悪化させてしまいます。また、食用油も同じように、うまく動作しなくなる危険性があります。必ず鍵穴専用のものを使用しましょう。

鍵穴と鍵の手入れ方法

ドアノブを開けている手

「鍵が抜けない」「鍵の回りが悪い」などといったことが起こらないように、日ごろから鍵と鍵穴の手入れをしましょう。

【鍵穴の手入れ方法】
年に2~3回程度を目安に鍵穴を掃除することをおすすめします。方法は、鍵が抜けなくなったときの対処法と同じです。

【鍵の手入れ方法】
鍵穴をキレイにしていても、鍵にゴミが付着していれば鍵穴に入り込む場合があります。しっかりと鍵も掃除する必要があります。鍵のでこぼこ部分や、溝を使用済みの歯ブラシや綿棒などで軽く擦ります。特にディンプルキーは汚れが溜まりやすいので念入りにお手入れしましょう。

そして、鍵を持ち歩くときにはキーケースなどを使用して、直接衣類やカバンに触れないようにしておくとよいでしょう。

鍵が抜けなくなったら業者に依頼!

ドアノブを開けている手

ここまで、鍵が抜けない場合の原因と対処法をご紹介してきました。しかし、それでも改善されない場合は業者に依頼しましょう。

もしかしたら、鍵が古くなっているのが原因かもしれません。鍵の寿命は約10年とされています。そのため、10年以上鍵をお使いであれば鍵の交換を業者に依頼することをおすすめします。

そして、業者に依頼するときには以下のポイントを重視して選びましょう。

・しっかりと見積りを出してくれる
作業に入る前にどのぐらい費用がかかるのかを確認しましょう。出張費などを追加で請求される場合もあります。しっかりと費用の内訳も確認することをおすすめします。
また、複数の業者に見積りを依頼することで相場が分かるでしょう。

・知識や実績が豊富
鍵にはたくさんの種類があり、鍵の種類ごとに修理内容が異なります。そのため、いろんな鍵の知識と経験が必要となるのです。依頼しても「その鍵には対応していません。」となれば再度鍵屋を探すことになり、二度手間です。依頼する際に、鍵の種類などを伝えて対応しているか確認しましょう。

・セキュリティがしっかりしている
鍵の情報はセキュリティ面で重要です。個人情報や鍵の情報をしっかりと管理しているか確認しましょう。

まとめ

ドアノブを開けている手

ここまで、鍵が抜けない原因と対処法・日ごろのお手入れ方法などをご紹介してきました。鍵は毎日使用するものです。日ごろからしっかりとお手入れをして、鍵が抜けない事態にならないように気をつけましょう。しかし、鍵穴内の破損や故障が原因の場合や対処法をためしても改善しない場合は、業者に依頼しましょう。プロが迅速に対応します。そして、業者に依頼される際には当サイトをご活用ください。

鍵のトラブルはお任せください!24時間365日受付中!通話無料 0800-805-8119 現在、 川口市に最短 5分で駆けつけます 鍵トラブルに最短5分で対応します!24時間365日受付中!通話無料 0800-805-8119

私たちが24時間365日サポートいたします!通話無料 0800-805-8119 24時間365日受付対応中 tel:0800-805-8119 無料相談はこちら

各種クレジットカード使用可能です。

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

各種クレジットカード使用可能です。

メディアに取り上げられています

BSニュース 日経プラス10

「日経プラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

メディアに取り上げられています

カギコラム